From ビジネス

アートネーチャーのかつら

「カツラと言えば」と名前が挙がる程有名なのが、「アートネイチャー」でしょう。
アートネイチャーは、全国に227店舗展開する、カツラメーカーの大手です。
特に今人気を集めているのが、男性向けの「ヘアフォーライフ/フロンティア」と女性向けの「プリマドンナ」です。

特に男性向けカツラ「ヘアフォーライフ」シリーズは地肌に直接接着するタイプのカツラですが、その最大の特徴は、生え際のリアルさとも言えます。
うぶ毛や毛量、流れまで、まるで地毛の如く細かく作られています。
分け目も自然で、つむじから毛が流れるように生えているのを忠実に再現しています。

女性向けの部分カツラ「プリマドンナ」も、場所によって植毛する量が変える事が出来、色合いも地毛と違和感のないようにスタイルや毛流れに合わせてカラーを入れる事が出来ます。

女性の場合は、ガンなどの病気にかかった結果、薄毛となり、医療用かつらとして利用するケースもあります。

いずれにしろ、その商品の技術力の高さもさる事ながら、アートネイチャーの魅力の一つに、全国展開しているという点が挙げられるでしょう。
その人それぞれのデータを一括管理しているので、外出先で困った事が起きたり、引っ越しで、全く違う土地へ行ったとしても、きちんとアフターフォローを受ける事が出来ます。

実際のサロンでは、プライバシーに考慮して、セパレートした空間で個別に対応して貰う事が出来る点も大きいと言えます。
コールセンターでのバックアップもありますので、何か不安な事があれば、随時連絡して確認する事が出来ます。

大手ならではの高い技術力とアフターフォローが、受けられる点で一歩抜きん出たカツラメーカーと言えるでしょう。

風呂敷に家紋を入れる

風呂敷のデザインで多い物のひとつに家紋があります。
家紋は家を表すロゴみたいなものであり、風呂敷製作のご注文の中でも、家紋入りの製作は定期的に発生します。

家紋入りの風呂敷で品物を包んでみると、厳かな雰囲気に包まれます。
それほど、日本人にとっては、家紋は大事なものだということですね。

家紋を入れる場所は、だいたい、品物を包んだときに目立つところに家紋が来るような場所となります。
もっとも、どんな品物を包むかは事前に知ることはできませんし、風呂敷は、いろんな品物を包むわけですから、特定の場所なんて決めようがありません。

一般的には隅に付けることが多くなります。
そして、包み方の工夫で、家紋が目立つ場所にくるようにします。
隅の方であれば、包み方次第で目立つところに持ってきやすいのです。

ですから、家紋入りの風呂敷を作ったら、次に包み方も勉強してください。
そうすることで、家紋が生きてきます。
せっかく作ったものですから、きちんと生かす方法も身に付けましょう。

申請までの流れ~規定の文書化~

プライバシーマーク バルクはプライバシーマークの支援実績が1300件以上!
www.vlcank.com

プライバシーマーク制度の認定を受けるためには、個人情報の保護に関する企業内の規定を文書化しなければなりません。
文書化したものは、プライバシーマーク制度の申請をする際に提出する必要があるため、文書化はとても重要な作業といえます。
個人情報のリスク分析を終えたら、「雛形」を使用して、規定の文書化の作業に取り組みましょう。

 

文書化する際に記載する内容は、どの企業も共通する項目が多いです。
共通しない項目には、雛形に自社特有の記載を行えば大丈夫です。

 

しかし、文書化の作業は、プライバシーマークの認定を受ける過程の中でも特に大変な作業です。
このような場合に、コンサルティング会社の支援を受けていると、サンプルの雛形を提供してもらえます。
あとはその雛形を、自社の状況に合わせて編集していきます。

 

もし、自社の状況に合わない内容で文書化をしてしまった場合は、現地審査の際に指摘され、もう一度文書化をやり直す必要が出てきます。
先ほど記述した通り、プライバシーマークの認定を受ける過程の中では、文書化は特に大変な作業になるので、やり直すことのないように、しっかりと文書化を行いましょう。