From 家族

葬儀社とのトラブル

葬儀社とのトラブル

葬儀社とのトラブル

葬儀社とのトラブル、意外と多いのをご存知でしょうか。
葬儀に参列する事は人生に何度もあるかと思いますが、実際に執り行う側というとそう何度も経験する事ではありません。

そのうえ、家族を失ってすぐに葬儀社とのやり取りが始まります。
頭が回らないうちにあれこれと決まり、冷静になった時に納得がいかない部分が出てくることも多いようです。

特に多いのが費用の問題です。
安いプランにしたら、プランに含まれておらず別途料金が発生している物が多かったり、必要以上に豪華な祭壇になっていたりといった事です。

また、会費を支払い積み立てていくといった会員制の葬儀社でも、全てが積み立てで執り行えると言われていたのに結局差額を支払う形になったというトラブルも多いそうです。

費用以外でも担当者やスタッフの態度が悪い、説明が足りない、費用がはっきりしないなどといったトラブルも多いのだとか。
故人を気持ちよく送りだすためにも、こういったトラブルにならないように事前に調べておくのがおすすめです。

温泉に入る前に赤ちゃんをしっかり洗いましょう

温泉に赤ちゃんと入る前は、まずはトイレに行きましょう。
まだおむつが取れてない赤ちゃんの場合は、タイミングを計るのはなかなか難しいですが、もしすでにおむつが取れているのであれば、まずは普段の生活のリズムを考えて、入浴するタイミングを計りましょう。

また、赤ちゃんの入浴はかけ湯の前にしっかりとシャワーで体全体、特にまだおむつが取れていない赤ちゃんなのであれば、しっかりお尻部分を洗いましょう。

子どものお尻は子ども好きの人や、両親からみればかわいいものですが、赤ちゃんをいきなり湯船に入れてしまうと、不快に感じる人もいるのでマナーには注意しましょう。

しかし、しっかりと洗うと言っても赤ちゃんの体をゴシゴシと強く洗いすぎないようにしましょう。
温泉が肌の角質を取ったり、汚れを取ったりする効果が高いため強くこすると肌に負担をかけてしまうことがありますので、手で優しく洗うぐらいで大丈夫でしょう。

細かいことですが、温泉は大勢の人がゆっくりリラックスするために利用する場所です。
赤ちゃん一緒に最大限楽しめるようにマナーはしっかり守りましょう。